生活に支障が出る前に腰痛の治療を始めましょう

看護師

治療や検査に欠かせぬ実験

病院

古くから実験に利用されてきた免疫沈降は、今でも治療に欠かせない技術となっています。新薬の開発や、ガンの治療、その他様々な様々な成果に大きく貢献している技術でもあります。今後のさらなる発展に期待しましょう。

もっと読む

脊柱管の圧迫を解消

	カウンセリング

軽度の脊柱管狭窄症は、背中の軽い運動や牽引などで、脊柱管の周辺の筋肉をほぐすというリハビリ療法で改善されます。進行している場合には、背中での痛みが生じやすいので、神経ブロック注射で痛みを抑えた状態でリハビリ療法をおこなうことになります。また、脊柱管を切開して広げるという手術を受けることもできます。

もっと読む

腰の痛みを改善するには

	医者

腰の痛みの原因

腰の痛みの原因はさまざまですが、耐えられないような痛みを発するものとしては、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の2つが代表的な存在です。この腰痛の原因は背骨の中を走る重要な神経が圧迫されることで発生するもので、悪化すると痛みだけでなく痺れや麻痺を引き起こす可能性があります。一方で急性腰痛として知られるのはぎっくり腰ですが、ぎっくり腰の原因の多くも神経が何らかの理由によって、圧迫されることで強い痛みを発生させます。このほかにも腰痛の原因としては、圧迫骨折によるものや悪性腫瘍によるもの、また炎症や化膿を引き起こしている場合などがありますが、いずれにしても神経が圧迫されることで痛みが発生するものになります。

治療法

腰痛の治療法としては、痛みが引くのを待つというのが一般的です。これは神経を圧迫する原因が取り除かれることで腰痛も治るためで、椎間板ヘルニアにしても脊柱管狭窄症にしても場合によっては自然と治る可能性があります。このためひどい圧迫で痺れや麻痺などが現れない限り、危険な手術は避けてブロック注射などで痛みを遮断して、リハビリなどで改善を目指すのが一般的な方法になります。一方で、これらの努力でも改善できない場合には神経を圧迫している原因を取り除く手術を行うことになります。基本的な切開によって切除するもののほか腹腔鏡を用いて切除するものがあります。また切除もメスでの切除のほか、レーザーで切除するといった方法があります。

喉にできるがんとは

		看護師

咽頭がんは喉にできるがんのことで、呼吸や声などの代表的な症状を知ったうえで異変があればすぐに検査を受けましょう。飲酒や喫煙の習慣が多い男性は女性に比べて咽頭がんの患者が非常に多く、医師と相談しながら少しずつ生活習慣を改めていくことが必要です。

もっと読む